東京都大田区の小さな着付け教室「わのわ」です。気軽に着物を楽しんでくださる方が増えることを願いつつ、着物周りのあれこれを綴ります。
杉浦日向子著「対談 杉浦日向子の江戸塾」
JUGEMテーマ:着物 きもの

ここ数日、個人的には嬉しいニュースが続きました。

最近、些細なことでも「有り難いなあ」と思えるのは、年をとった証拠かも知れません。

たとえば、何も変わらないことをマンネリと感じるのではなく、変わらずに居られて有り難いと感じるというような。

でも、このプラス思考は否定しないことにしています。

続きはこちら>>


06:56 / 十壱段目 読書の時間 / comments(0) / -
雲田はるこ著「昭和元禄落語心中」1〜5
JUGEMテーマ:着物 きもの

久しぶりに旅行ネタを離れ、一気読みしたコミックをご紹介します。

ときどき落語関係の本をチェックしていたためか、Amazonからお勧め表示が出たのです。

続きはこちら>>


00:16 / 十壱段目 読書の時間 / comments(0) / -
大滝英子著「きもの風土記」
JUGEMテーマ:着物 きもの

昨晩は、乃木坂のある和食のお店で美味しい食事をいただきながら、久しぶりの女子会でした。

専門家としてバリバリ働いている同年代とのひとときは、すっかり忘れていた数年前の記憶を思い出させてくれ、頑張りが足りないことを自覚。

また、時間の使い方を再考するきっかけにもなった気がしています。

続きはこちら>>


08:10 / 十壱段目 読書の時間 / comments(0) / -
石川あきほか「きものの基本と常識」
JUGEMテーマ:着物 きもの

中央公論社の「暮らしの設計」での着物の特集記事を中心にまとめられた共著本は、かれこれ40数年前に出版された年代物で、ページを開くと古本独特のにおいがします。

タイトルや表紙から昭和な感じが十分伝わってきますが、今、あえてこの本を読もうと思ったのは、著者の顔ぶれがあまりにも魅力的だったから。

石川あきさん、幸田文さん、平岩弓枝さん、大塚末子さん、清水ときさん、中村汀女さんなどなど、着物が好きな方ならすぐにお分かりいただけるであろう豪華な24人の面々なのです。

続きはこちら>>


20:07 / 十壱段目 読書の時間 / comments(0) / -
外村吉之介著「少年民藝館」
JUGEMテーマ:着物 きもの

大雪に見舞われた昨年の成人式とは打って変わって、今年は晴天に恵まれましたね。フレッシュな新成人の晴れの姿を目にすると、こちらも気持ちが若返ります。

さて、今日ご紹介するのは、晴れ着とは対局ともとれる「民藝品」、その名著とされる本です。

続きはこちら>>


10:55 / 十壱段目 読書の時間 / comments(2) / -
赤瀬川原平著、林宏樹編「不思議面白古裂館」
JUGEMテーマ:着物 きもの

寒さの中にもポカポカした心地よさを感じられます。今日のお昼は、まさにそんな時間でした。しばし太陽の恩恵に預かっていると、ほのぼのとした気分になります。

心の時計は気の持ちようで、いくらでもスピードを変えられるように思います。

続きはこちら>>


22:25 / 十壱段目 読書の時間 / comments(0) / -
高野紀子著「着物のえほん」
JUGEMテーマ:着物 きもの

11月15日の七五三を前に、街では可愛らしい衣装に身を包んだお子様とご家族の姿を見かけるようになりました。

被布をつけた3歳の女の子は何とも愛らしく、羽織袴の5歳の男の子は小さいながらも凜々しく、7歳の女の子は少しばかり大人びた雰囲気を漂わせています。

それぞれの衣装がそれぞれの年の魅力を引き出しているように感じます。

続きはこちら>>


22:10 / 十壱段目 読書の時間 / comments(0) / -
鶴見和子編「日本の名随筆 別巻58 着物」
JUGEMテーマ:着物 きもの

先日の投稿で、お稽古を重ねるたび、また、新しい方にお会いするたび、それぞれの生徒さんの着物に対する想いが一様でないことを感じると書きました。

今日ご紹介する本を読んだことも、そんな想いを強くした一因かも知れません。

続きはこちら>>


23:39 / 十壱段目 読書の時間 / comments(0) / -
丸山伸彦編著「江戸のきものと衣生活」
JUGEMテーマ:着物 きもの

最近、熟読している本があります。

江戸時代の服飾文化を俯瞰するというテーマのもと、流行の変遷、生産と流通、衣服の諸相に分けて充実した解説がされ、しかもオールカラーページという読んで理解し、見てわかる優れものは、調べものをしたときに図書館で見つけた一冊です。

「これはすごい。」と思ったのですが、お値段的にすぐ手が出ずにいたところ、ようやく古本屋さんで再開したという次第です。

続きはこちら>>


17:38 / 十壱段目 読書の時間 / comments(0) / -
石田節子著「石田節子の着まわしと着付けの鉄則」
JUGEMテーマ:着物 きもの

本屋さんにも、図書館にも、着物のコーディネート本はたくさん並んでいます。

好みに合う一冊を選ぶという関門をクリアして、熟読し、ウキウキ気分でいざ自分の箪笥を目の前にしてみると…。

手持ちの着物や帯、小物たちがあまりにも限られていて、空想の世界から一気に現実に引き戻されてしまったという経験はないでしょうか。

続きはこちら>>


22:17 / 十壱段目 読書の時間 / comments(0) / -
<< 2/8PAGES >>
© わのわ
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
当ブログ内の写真や記事の無断転用はご遠慮ください
当ブログのコメント欄は承認制です。記事の内容と直接関係のないものは承認いたしかねますので、予めご了承ください

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎


着付け教室「わのわ」HPは
こちら↑のバナーから♪

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村ブログランキングに参加しています

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎


◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎