東京都大田区の小さな着付け教室「わのわ」です。気軽に着物を楽しんでくださる方が増えることを願いつつ、着物周りのあれこれを綴ります。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



/ - / - / -
<< 天珠の組み出し帯締め | main | 着物を学ぶ >>
ステップアップは知ることから
JUGEMテーマ:着物 きもの

喉の風邪からようやく復調してきました。

病院の先生によると、朝晩の冷え込み、室内と屋内の温度差、乾燥などで喉風邪の患者さんが増えているそうです。

皆様もどうぞお気を付けください。

子供の頃は、毎月の恒例行事のように扁桃腺を腫らして高熱を出していましたから、喉はウィークポイントだと分かっているのに、なかなか学習しない私です。
本来、ウィークポイントを知っているということは、むしろ強みにもなるはずですね。

着付けにも似たところがあるなあと感じます。

直線裁ちの衣服であるという特徴から、一般には、体型が筒型に近いほど皺なくきれいに着付けられるとされています。

一方で、本当に筒型の人など存在しませんから、タオル、綿、補正具などを使って筒型に近づけるいわゆる補正が行われるのです。

ただし、補正によって得られる安定(?)と引き換えに、着付けや手入れの手間は増え、その着姿からは個性が失われてしまうことも忘れてはなりません。

また、サイズフリー、体型フリーが着物の良いところと思っていらっしゃる方も少なくないでしょう。

洋服と比較すれば、かなり融通が利くことは確かなものの、きれいな着姿のためには、サイズや仕立ても重要ですし、着付けのテクニックも必要です。

体型カバー=筒型補正という固定観念にとらわれず、寸法、柄行き、仕立て、素材など、着物や帯がそれぞれ持つ特徴、また、それを纏う自分の体型を知ることが着付けステップアップの大きな一歩になります。

手順を覚えることに精一杯だった生徒さんがいつの間にか望む着姿を目指して意識を変化させる場面に何度も遭遇してきました。

いかり肩、バストやヒップと比べてウエストが細い、腰が張っている、ヒップラインに凹みがあるといった着物や帯が安定しづらい体型も、長い・短い、硬い・柔らかいといった着物や帯の特徴も、それぞれを知ることがステップアップの始まりです。

[晴れ]


※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※

最後まで読んでくださり、どうもありがとうございました

にほんブログ村のブログランキング「着物・和装(教室・業者)」に参加しています
1日1クリックいただけると嬉しいです!
順位もご覧いただけます

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村

お時間がありましたら、右サイドのバナーからHPもお訪ねください♪
お待ちしています



23:16 / 十参段目 あれこれ雑記 / comments(1) / -
スポンサーサイト


23:16 / - / - / -
COMMENT
管理者の承認待ちコメントです。
- / 2015/10/27 3:36 PM









© わのわ
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎ 当ブログ内の写真や記事の無断転用はご遠慮ください 当ブログのコメント欄は承認制です。記事の内容と直接関係のないものは承認いたしかねますので、予めご了承ください

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎


着付け教室「わのわ」HPは
こちら↑のバナーから♪

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村ブログランキングに参加しています

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎


◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎