東京都大田区の小さな着付け教室「わのわ」です。気軽に着物を楽しんでくださる方が増えることを願いつつ、着物周りのあれこれを綴ります。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



/ - / - / -
<< 桜、満開 | main | 晴れの日に想うこと >>
中原淳一エッセイ画集「しあわせの花束」
JUGEMテーマ:着物 きもの

花散らしの雨、鉛色の雲、冷えた空気...。

しばらくの間、目を楽しませてくれた春の色彩が今日はすっかり影を潜めてしまいました。
日曜日はマンション修繕工事がお休みで、家の中の静けさが一層染み入りました。

それでも、連日の騒音や日当たりの影響か、ここ数週間、心がささくれ立っているような気がしていたので、今日はこの本を取り出して読んでみました。



中原淳一エッセイ画集
「しあわせの花束」
(2000年3月、平凡社)

中原淳一さんをご存じなくても、このイラストに見覚えのある方は沢山いらっしゃるのではないかしら。

大きくて可憐な瞳、気品のある表情、カラフルなファッション、小物やヘアスタイルを含めたコーディネイト、年齢的なギャップがあることは重々承知ですが、中原淳一さんの描く女性像に寄せる気持ちは今も変わりません。

イラストだけでなく、彼の残した文章とも相俟って、長く私の心に留まっているのだろうと思います。

教えられるのは、自分を取り巻く人、モノ、自然、それらの大切さを知り、ほんの些細なことにも心を砕いて、そこに思いを致すからこそ美しい幸せが得られるのだということ。

特別な何かではなくて、日々の暮らしの中にある小さな喜びをこそ大事にすべきだということ。

この本で説かれているすべてを実践することはできなくても、読み進むうち、心が清々しく、滑らかになったように感じます。

「いつまでも古くならないもの」−それこそがもっとも「新しい」ものだとはいえないでしょうか。

1971年「女の部屋」という雑誌に書かれた文章です。

中原淳一さんの言葉も、そして着物も、どちらも当てはまるなあと思います。

[雨]


※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※

最後まで読んでくださり、どうもありがとうございました

にほんブログ村のブログランキング「着物・和装(教室・業者)」に参加しています
1日1クリックいただけると嬉しいです!
順位もご覧いただけます

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村

お時間がありましたら、右サイドのバナーからHPもお訪ねください♪
お待ちしています



21:04 / 十壱段目 読書の時間 / comments(0) / -
スポンサーサイト


21:04 / - / - / -
COMMENT









© わのわ
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎ 当ブログ内の写真や記事の無断転用はご遠慮ください 当ブログのコメント欄は承認制です。記事の内容と直接関係のないものは承認いたしかねますので、予めご了承ください

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎


着付け教室「わのわ」HPは
こちら↑のバナーから♪

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村ブログランキングに参加しています

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎


◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎