東京都大田区の小さな着付け教室「わのわ」です。気軽に着物を楽しんでくださる方が増えることを願いつつ、着物周りのあれこれを綴ります。
<< 一閑張りと偶然の真田紐 | main | 先日の着物−ざざんざ織に帯を替えて >>
完成、その次へ
JUGEMテーマ:着物 きもの

籠に和紙を張り、柿渋を塗って仕上げる一閑張りを楽しんでいることは、一閑張り日和の記事でご紹介しました。

特に熱中している籠バッグは、洋服にも着物にも合うこと、軽いこと、このどうしても譲れない2つの条件にぴったりマッチするのです。

未熟な部分も味にして、実用に適う作品が完成するのも魅力に思います。
ひとまず出来上がったのは、グリーン系の和紙を使った籠バッグと状差し。



奥の唐花模様の型染め和紙は、柿渋が思ったように入りませんでしたが、手前の状差しで表に使った和紙は、柿渋効果で艶めいているのがお分かりいただけるでしょうか。

そして、赤系・茶系の和紙を使った籠バッグ。



芹沢けい介さんのハンカチの一部を切り取って、使わせていただきました。

使う紙や布の種類、糊の塗り方などによって、柿渋の塗った後の変化に違いが出るため、その違いを確かめています。

次の課題として先生から分けていただいた小ぶりの籠バッグは、上張りまで終わり、糊を乾かしているところです。



中央はリバティのハギレ。半衿には足らない微妙な大きさで、箪笥の肥やしになっていたものが、ようやく日の目を見ました。

布端を和紙でパイピングし、ハサミの跡をカバーしています。

バッグの口には、例の真田紐をぐるっと巻き付けて糊付けし、本体と一緒に柿渋を塗って変化を確認してみます。

一閑張りの作品には、素敵な絵でオリジナリティを表現されているものが多いですが、絵心のない私は、組み合わせ方の工夫で自分流を見つけたいです。

[晴れ]


※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※〜※

最後まで読んでくださり、どうもありがとうございました

にほんブログ村のブログランキング「着物・和装(教室・業者)」に参加しています
1日1クリックいただけると嬉しいです!
順位もご覧いただけます

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村

お時間がありましたら、右サイドのバナーからHPもお訪ねください♪
お待ちしています



13:19 / 四段目 着物・帯・小物の愉しみ / comments(0) / -
COMMENT









© わのわ ◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎ 当ブログ内の写真や記事の無断転用はご遠慮ください 当ブログのコメント欄は承認制です。記事の内容と直接関係のないものは承認いたしかねますので、予めご了承ください

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎


着付け教室「わのわ」HPは
こちら↑のバナーから♪

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村ブログランキングに参加しています

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎


◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎